レーシックとは

日本人の多くは視力が悪いのに悩んでいるそうです。


多くの人は眼鏡をかけたり、コンタクトレンズをしていますが、
眼鏡の場合運動が出来ませんし、コンタクトレンズならば毎日の手入れが大変面倒です。


多くの人は子供の頃に目を悪くし、
成人に至まで視力が落ち続けますので眼鏡やコンタクトレンズを購入しても
少しずつその度を変える必要があります。


視力が悪い人の永遠にかなわない望み。

それが裸眼で星や夜景、自然の景色を見たいことではないでしょうか?

でも、それはもはやかなわない望みではなくなりました。

それがレーシックです。

レーシックとはレーザーを用いた目の手術方法で、
角膜の厚さを薄くし、屈折率を変えることで視力を回復する方法です。


手術後は視力がかなり悪い人であっても1.5〜2.0まで回復する手術です。

このレーシックが開発された当時は後遺症等が心配されましたが、
レーシックの技術も進化し、多くの人々がこのレーシックで視力を回復しています。


特に眼鏡やコンタクトがあまり使用できない運動選手の多くがこのレーシック治療を行っており、
絶大なる信用を得ています。


視力にお悩みの方で眼鏡やコンタクトで煩わしさを感じている人は
是非ともレーシックを検討されてはいかがでしょうか?
【レーシックブログの最新記事】

視力回復ならレーシック

目が悪いと諦めていませんか?

目が悪いのは生まれつきだからといって、
視力は二度と回復しないと諦めるのはまだ早いです。

裸眼視力を2.0にまで回復させる方法があります。

それがレーシックです。

レーシックという言葉を一度くらいは耳にしたことがあるかと思いますが、
レーシックとは眼鏡やコンタクトレンズを使用しなくても裸眼視力を回復させることができる技術として近年大変注目されています。

レーシックは角膜を構成する上皮細胞を剥離させ、
下部にある角膜実質をレーザーにて削り、
光の屈折率を変化させる手術です。

手術と言ってもメスを使うわけではありませんので、
殆ど痛みも伴いません。

通常のレーシック治療だと30分程度で終わり、
日帰りで治療を受けることができます。

レーシックが行われた当時は非常に高価な治療方法でしたが、
最近ではレーシックを受ける人の数も増え、
それと共に費用も安くなってきています。

残念ながら保険証が使えませんので自己負担で治療を受ける必要がありますが、
15万から20万円程度で受けることが出来ますので、
治療効果を考えると手が出せない価格では無いかと思います。

裸眼視力を回復させる夢のような治療方法であるレーシック。

是非とも考えてみてはいかがでしょうか?

レーシックの費用の違い

レーシックの費用がクリニックによって違っている理由は自由診療だからという話はしたと思いますが、実際にレーシックの費用が違っている理由には4つの理由があります。

まず一つ目としてはレーシックのクリニックに設備によって費用がかかわってくるという場合もあります。

最新のレーザーを導入しているレーシックのクリニックの場合にはそれだけ費用は高くついてしまう可能性が高いですね。

そしてレーシックの費用の違いはクリニックの人件費にもかかわります。

レーシックの手術で高度な知識を持ったスタッフをたくさん雇えばそれだけ人件費がかかってしまいますから費用が高くつきます。

そしてレーシックの費用は広告費なども影響してくると思います。

レーシックの手術の広告や宣伝をするために広告費にお金をかけているクリニックはそれだけ費用が高くついてしまうかもしれません。

そしてレーシックの費用の違いは、やはり利益の違いも関係しているでしょうね。

利益をどれくらい上乗せして計算しているのかによってレーシックの費用が変わってくるのです。

このようにレーシックの費用はそれぞれのクリニックの設備、人件費、広告、利益によって大きく変わっていることがわかります。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。